SUZ45
トップ > SUZ45テーマパーク > アートパーク > アウトサイダーアート日本人作家作品|アーティスト アールブリュット

アウトサイダーアート日本人作家作品|アーティスト アールブリュット

目次


  1. アートの呼び名
  2. アウトサイダーアート日本人作家作品

アートの呼び名


アール・ブリュット
アール・ブリュット

1945年、フランスの画家・ジャン・デュビュッフェが、強迫的幻視者や精神障害者の作品を「アール・ブリュット(生の芸術)」と呼んだ。1967年には、パリ装飾美術館にて初めて展示され公的に認知された。

アウトサイダー・アート
アウトサイダー・アート

1972年、イギリスのロジャー・カーディナルが、社会の外側に取り残された者の作品で、美術教育を受けていない独学自習であるとして、概念を広げ精神障害者以外に主流の外側で制作する人々を含めたものを「アウトサイダー・アート」と名付けた。これには、プリミティブ・アートや、民族芸術、心霊術者の作品も含まれる。

日本ではアウトサイダーアートというと知的障害者、精神障害者あるいは精神病患者が精神病院内におけるアートセラピー(芸術療法、クリエイティヴ・セラピーの一種)などで描いた絵画と思われることが多い。しかしヨーロッパでは障害者アートがアウトサイダー・アートの市場に占める割合は全体の半分程度と見られている。芸術作品で生計を立てたり、既存の団体に発表することなく、独学で孤独に作品を作り続けた人達、刑務所などで初めて絵画に取り組んだ人達などの作品も含む。


アウトサイダーアート日本人作家作品


草間彌生
草間彌生
天空にささげたわたしの心のすべてをかたる花たち

幼時に見た幻覚を描きとめ、その恐怖を克服することから創作活動を始めた草間彌生。以降草間は、今日に至るまで幻覚や内面世界のヴィジョンを作品化し続けています。

山下清
山下清
長岡の花火

「ぼくは放浪している時 絵を描くために歩き回っているのではなく、きれいな景色やめずらしい物を見るのが好きで歩いている 貼絵は帰ってからゆっくり思い出して描くことができた」

出口なお
出口なお
おふでさき

大本という新興宗教は、読み書きのできなかった出口なおの神がかかりによってはじまり、なおが昼夜問わず霊媒によって自分でもよくわからないままに神の言葉の自動書記を続けたとされるが、この「おふでさき」は造形的にも高く評価でき、また、なおの末娘の婿である出口王仁三郎(おにざぶろう)の耀?(ようわん)と呼ばれる楽茶碗は、特に学んだわけでもない王仁三郎による、赤、黄、ピンクなど華麗な発色を持つ芸術的な感性として、塩田純一が言及している。


引用文献


  1. ウィキペディア

アートパークのアトラクション


アウトサイダーアート日本人作家作品 インターネットギャラリー 障害者アート販売ビジネス 【一本の線】作品募集中!

他のパーク



↑ ページのトップへ戻る ↑

シェアボタン


Tweet Facebook LINE

免責事項・著作権表示


情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.