SUZ45
トップ > インターネット・テーマパーク > 映画パーク

【日本映画ランキング】実話感動|おすすめ、人気、歴代、邦画、予告編、初心者


実話を基にした映画


チア☆ダン

【映画情報】:ウィキペディア

【監督】:河合勇人

【出演者】:広瀬すず 中条あやみ 山崎紘菜 富田望生 天海祐希

【コメント】:全米制覇など、とてもできる状況ではなかったのに、それを実現する様が、痛快でした。その中にも、天海さんのギャップを中心に感動的なシーンが、散りばめられています。あと、広瀬さんの家族の設定とか、ディテールにもこだわっています。

フラガール

【映画情報】:ウィキペディア

【監督】:李相日

【出演者】:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代 岸部一徳 富司純子

【コメント】:炭鉱の町が、フラダンスを通して、一致団結して行く様が、感動的でした。フラダンスに反対する人々が、やがて、応援するようになって行く。その中で、松雪さんらのフラダンスのクオリティが、とても高く、それを見ているだけでも、大満足できます。

わが母の記

【映画情報】:映画.com

【監督】:原田眞人

【出演者】:役所広司 樹木希林 宮崎あおい 南果歩 キムラ緑子 ミムラ 菊池亜希子 三浦貴大

【コメント】:老いて行く母と家族のドラマですが、息子の役所さんのことを忘れても、昔から大事にしていたものは、大事に肌身離さず持っていて、役所さんは、それに気付いて、思わず涙します。そのシーンが、この映画のすべてのような気がします。

8年越しの花嫁

【映画情報】:公式サイト

【監督】:瀬々敬久

【出演者】:佐藤健 土屋太鳳 薬師丸ひろ子 杉本哲太

【コメント】:大変な病気を患ってしまいましたが、それを支える家族と恋人が、誠心誠意尽くして、病気と闘います。その支え合う姿が、とても感動的でした。どこまでが実話か分かりませんが、端々に「ああ、リアルだな」と言うエピソードがあり、それが、実話を基にした映画の良さを醸し出しています。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

【映画情報】:ウィキペディア

【監督】:松岡錠司

【出演者】:オダギリジョー 樹木希林 内田也哉子 小林薫 松たか子

【コメント】:オダギリジョーさんと樹木さんの母子の愛情が、とても丁寧に描かれています。小林さんも、良い味を出しています。どこのシーンが、感動的かと言うよりは、全体を通して、満足感を得られる映画だと思います。樹木さんの病状が、とても見ていて辛かったです。

壬生義士伝(みぶぎしでん)

【映画情報】:ウィキペディア

【監督】:滝田洋二郎

【出演者】: 中井貴一 三宅裕司 村田雄浩 夏川結衣 中谷美紀 佐藤浩市

【コメント】:原作は、中井さんが、ひたすら守銭奴らしさを前面に押し出して、新選組で戦う。それが、実は、◯◯の為だった。と言う内容ですが、映画では、それに加えて、新選組での話が充実していたのと、後日談の話があったのが、新鮮でした。

はなちゃんのみそ汁

【映画情報】:映画.com

【監督】:阿久根知昭

【出演者】:広末涼子 滝藤賢一 一青窈

【コメント】:広末さんが、がんと診断されて、夫婦が、がんと向き合って、精一杯明るく振る舞う。その過程でのやり取りが、魅力的な作品です。娘さんが、産まれて、みそ汁の作り方を教える。そのちょっとした心遣いから、母の覚悟を感じました。終盤、感動的なシーンもあり、微笑ましくも感動的な映画です。

君が踊る、夏

【映画情報】:ウィキペディア

【監督】:香月秀之

【出演者】:溝端淳平 木南晴夏

【コメント】:高知県のよさこい祭りをモチーフに、難病で余命わずかな少女と、彼女のために情熱のすべてを祭りに注ぐ若者たちの姿を、実話をベースに描く感動ストーリー。溝端さんが、祭りの踊りの練習に専念する中、カメラマンの賞に選ばれた話がくるが、授賞式は祭り当日。授賞式への欠席は棄権と見なされる。溝端さんは、少女との約束をとるか自分の夢をとるか迫られる。


映画パークのアトラクション



他のパーク



↑ ページのトップへ戻る ↑

シェアボタン


Tweet Facebook LINE

免責事項・著作権表示


情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.