SUZ45
トップ > SUZ45テーマパーク > ヒット曲パーク > 【2022年最新版】年代別ヒット曲ランキング | PV、MV、人気、邦楽

【2022年最新版】年代別ヒット曲ランキング | PV、MV、人気、邦楽

【2022年最新版】ヒット曲ランキング


2022年の月間ヒット曲ランキング
2022年の週間ヒット曲ランキング
2022年のデイリーヒット曲ランキング

年代別ヒット曲ランキング


以下、年代別のヒット曲ランキングをご紹介します。1位のみ「MV」を埋め込みました。基本的に「MV」を集めましたが、古いものは、歌番組の映像などもあります。

  1. 2010年代のヒット曲
  2. 2000年代のヒット曲
  3. 1990年代のヒット曲
  4. 1980年代のヒット曲
  5. 1970年代のヒット曲
  6. 1960年代のヒット曲
  7. 1950年代のヒット曲

Youtube MV歴代再生回数ランキング


1位の「Lemon」は、6億回以上、再生されています。

  1. Lemon:米津玄師 (2018/2/26)
  2. 打上花火:DAOKO×米津玄師 (2017/8/9)
  3. アイネクライネ:米津玄師 (2014/3/31)
  4. 白日:King Gnu (2019/2/28)
  5. LOSER:米津玄師 (2016/9/15)
  6. 前前前世:RADWIMPS (2016/8/19)
  7. Pretender:Official髭男dism (2019/4/16)
  8. :星野源 (2016/9/20)
  9. U.S.A.:DA PUMP (2018/5/16)
  10. パプリカ:Foorin (2018/8/15)

「MV」と「PV」の違い


「MV」は「ミュージックビデオ(music video)」を略したもので、楽曲の世界観を表現した映像で、「PV」は「プロモーションビデオ(promotion video)」を略したもので、主に宣伝用の映像のことを指します。例えば、「MV」のサビの部分だけを抜き取って、「PV」にすることもあります。もっとも、両者に明確な区別はなく、「MV」でグーグル検索すると、「PV」が出てくるくらいです。

「MV」の概念は1970年代以前から存在しており、ザ・ビートルズは1966年以降にツアーを行わず、ロンドン周辺で創作活動を続けていました。そのため、新曲リリースの度に、様々なテレビ番組に依頼され、出演しなければならない事を疎ましく思い、演奏シーンとイメージ映像を組み合わせた映像作品を予め作成し、テレビ局へ提供したのが始まりという説が一般的に浸透しています。また、「MV」にストーリー性を加味する物も多く、最も有名なものにマイケル・ジャクソンの「Thriller」(1983年)があります。

日本における「MV」の発展は、生放送の音楽番組が衰退した1980年代後半から1990年代初頭以降、アーティストの音楽番組出演に代わるプロモーション手段の一つとして、また洋楽シーンの影響も受け増えていくようになりました。

従来はカセットやCDなどの販促(プロモーション)のみが目的であったので、「PV」とよばれ、店頭での視聴や音楽番組での放映に限定されていましたが、1990年代中頃からは、アーティストが映像作家と共に作品の世界観を表現し、一般に伝える手段のひとつとして重視されるようになっていきました。「MV」から切り出された映像が、CMや出演しない音楽番組でのスポットで使用されることも多くなっていきました。


年代別ヒット曲ランキング


【2022年最新版】ヒット曲ランキング 2020年代のヒット曲 2010年代のヒット曲 2000年代のヒット曲 1990年代のヒット曲 1980年代のヒット曲 1970年代のヒット曲 1960年代のヒット曲 1950年代のヒット曲 平成歌謡曲ヒットランキング 昭和歌謡曲ヒットランキング 洋楽ヒット曲ランキング

他のパーク



↑ ページのトップへ戻る ↑

シェアボタン


Tweet Facebook LINE

免責事項・著作権表示


情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.