SUZ45
トップ > インターネット・テーマパーク > アイデアパーク

子供のアイデア|発明コンテスト|アイデア商品


子供のアイデア|発明コンテスト


色々な組織・団体で、子供のアイデアを募ったり、発明コンテストを開催したりしています。

ホンダの子どもアイディアコンテスト

りょうりのせいぶん へんかんマシーン
HONDAのアイデア1

入院中に、ラーメンを食べたかったが、味気ない院内食を食べるしかなかった。もしも、ラーメンの栄養成分を自由に変えられたら、院内食でも、ラーメンを食べられる。介護・福祉現場での食事などの改善に寄与できる。

みんながにこにこあったかーい「ひまわりのおうち」
HONDAのアイデア2

ひまわりのように、太陽の方を向いている家のアイデア。そこから、暖かさと発電なども考慮。

電気をためる「ライチョウ」
HONDAのアイデア3

雷雲の中に飛んで行き、雷のエネルギーを吸収する雷鳥を作ると言うアイデア。電気タマゴを産むそうです。

きれいな海を守りタイ
HONDAのアイデア4

海中のゴミなどを食べる魚の発明ですが、遺伝子操作をして、植物が二酸化炭素を吸収して酸素を発生させるように、本当に海中の悪い成分を吸収する生物を開発できれば、良いなと思いました。

まちじゅうキラキラバイク
HONDAのアイデア5

走りながら、空気を浄化したり、ゴミを集めるバイクの発明。確かに、バイクの排気フィルターはありますが、空気清浄機のようにすれば、空気の浄化も夢ではないですね。

チームしなせ9(ナイン)
HONDAのアイデア6

子供の自殺を阻止する、個性の違う9人のチームを作ると言うアイデア。宇宙戦隊キュウレンジャーのようなイメージでしょうか。

浜松市「私のユニバーサルデザインアイデア」

ペットボトルのキャップ
浜松市のアイデア1

キャップが円柱形だと、開けにくいので、花形にすればいいと言うアイデア。

浜松市のアイデア2

視覚障害者や高齢者らの為に、左右どちらでも履ける靴を考えた。

スティックのり
浜松市のアイデア3

本体が、四角いスティックのりならば、机上をコロコロ転がらないと言うアイデア。

食べられるつまようじ
浜松市のアイデア4

はるさめやパスタの材料で、つまようじを作れば、環境にも良いし、生ごみとしても捨てられると言うアイデア。

TABI LABO

世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか? たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi-Fiスポット、ノートパッドなども。そうした世界を変える発明品が、じつはある子どものアイデアコンテストから登場したらしいのです。それが「littleBIGidea

絆創膏ディスペンサー
littleBIGideaのアイデア1

絆創膏を台紙からはがす時に、くっ付いてしまうのを防ぐアイデア。医療現場などでの利用も想定しているそうです。

困っている人のための無料自動販売機
littleBIGideaのアイデア2

困っている人のための無料自動販売機。みんなからの寄付は販売機の中に。困っている人(ホームレスが対象だそう)たちは、事前に申請した登録カードをスワイプすることで、必要な商品を得ることができる仕掛け。

食事摂取量支援メーター
littleBIGideaのアイデア3

この「Gobblemat」と名付けられた計量器は、一日の食事の量をコントロールしながら健康を支援するサポート機器。いつ実用化されてもおかしくないかも。カロリーだけでなく、摂取した栄養成分も分かれば、足りない栄養をサプリとかで補えますね。そのサプリの調合もしてくれると便利ですが。

食品ロス防止バーコードリーダー
littleBIGideaのアイデア4

食品ロスを未然に防ぐアプリ「waste Not」を発明したのはImogen。バーコードをスマホでスキャンするだけで、賞味期限がどのくらいに迫っているかを教えてくれるもの。でも、これなら普通に描いてある…そこで、これ以外にもオススメレシピを紹介してくれる機能もあるんだそう。

ノーマライゼーション住宅財団

送信機付きカーブミラー
normalizeのアイデア1

カーブミラーに送信機を取り付け、子供の飛び出しなどを防ぐアイデア。

パブリック ダストBOX
normalizeのアイデア2

ゴミの集積場を地下に作ることで、ゴミの散らかりや臭いなどの問題を改善するアイデア。

軽々荷物運び機
normalizeのアイデア3

お年寄りなどの為に、手すりに取り付けた機械で、荷物を運んでくれると言うアイデア。手すりの掃除もしてくれるそうです。

Look for PEOPLE
normalizeのアイデア4

交通事故の防止が目的ですが、センサーで車の速度を落としてくれると言うのは、将来、実用化されるかも知れませんね。

訪問販売対策 インターフォン
normalizeのアイデア5

訪問販売対策として、息子の声などで、応対してくれる発明。画像認識で、知人の時とかは、インターホンの音が変わったり、相手の名前を知らせてくれるのも良いかも知れませんね。

安心 乗降スロープ
normalizeのアイデア6

駅の無人化が問題となっていますが、この発明が実現化すれば、車椅子ユーザーの方なども、安心して、電車に乗り降りできますね。


アイデア商品


ここでは、世の中にある色々なアイデア商品をご紹介します。色々な商品を使ったり見ることで、なぜその商品が、そう言う形をしているのか、どう言う仕組みなのか、そう言うことにも、興味を持ってもらいたいです。

身近なアイデア商品

イヤホン

音楽などを聴くために、イヤホンを付けますが、そのイヤホンが、進化しています。コードレスのものも開発されましたが、電車のホームの下などに落とすことが多いようです。そして、色々なものが考案されているのですが、そのうちの一つが、ジッパー付きのイヤホンです。

イヤホン
出典:kanabear / Via reddit.com
薬の包装体

薬を飲むときに、「あれ、今日、薬飲んだっけ?」とか、思うことがありますよね。そう言う時に、どうすれば良いか、色々なアイデアが、特許出願されています。その多くは、薬をあらかじめ、小分けにしておくものです。確かに、それも一案ですが、以下のような「薬の包装体」が、出願されていました。

薬の包装体
薬の包装体2
小学生の日傘

インフルエンザの流行る時期などは、小学生が、日傘をさして登校することもあるでしょう。もちろん、暑さをしのぐ為でもありますが、その理由の一つに「ソーシャル・ディスタンス」があります。友達との距離をとって、登下校することが、目的なんです。

傘の模様

雨が降る日は、憂うつになりがち。そんな日には、雨が降ると模様の変わる傘を使ってみてはいかがでしょう。例えば、わずかな太陽光や雨の打ち付けるエネルギーを利用して、冬は持ち手を温めたり、夏は涼しい風を送ったりと、傘も色々変わって行くかも知れませんね。まだ無いと思いますが、工夫して、作ってみてはいかがでしょうか。

災害時の対応

一番良いのは、事前に家族などと避難ルートや待ち合わせ場所を決めておくことですが、万が一、その備えがない場合、家の前にメモを貼って、逃げましょう。家族も、無事だと信じて、まず、自分の身の安全を確保するのです。家族も、そのメモを見て、あなたを探さず、いち早く避難できるでしょう。

災害時のメモ
出典:Defend
手回し発電機

災害時に、スマホなどの充電をする為の「手回し発電機」と言うものがあります。電気で動く電動モーターの逆をするのです。モーターを手で回すことで、電気が生まれるんです。不思議なものですね。こう言うのを「逆転の発想」と言います。

手回し発電機
出典:わかりやすい高校物理の部屋
味の素

みんなも食べたことのある「味の素」と言う調味料がありますが、昆布、トマト、チーズなどに含まれる「グルタミン酸」と言う「うま味」に特徴があるそうです。その「うま味」を発見したのは、実は、日本人の博士なのです。「うま味」は「UMAMI」として、世界的に注目されています。「うま味」をきかせると、全体の味が調和するとともに、塩を減らしても、料理がおいしく仕上がるそうです。つまり減塩ですね。さらに、アレルギーもないそうです。ちょっとした調味料にも、そうした先人の努力と熱意が、垣間見れます。

味の素
光る靴

歩くと光る靴がありますが、あれは、おしゃれが目的ではなく、夜の暗い時間に車などからよく見えるためのものなんですね。でも、その仕組みを考えたことはありますか。光る靴のかかとのところに、「ボタン電池」「振動センサー」「発光ダイオード」が、組み込まれているそうです。そして、歩く時の振動で、光るのです。歩いただけで、光るなんて、不思議ですね。色んな方法で、ものを光らせたり、動かしたりできるんです。

ダンシングストーン

ペンダントなどの宝石が、キラキラと動く宝石「ダンシングストーン」がありますが、あれは、実は、日本の山梨県で誕生したクロスフォーと言う会社が、発明したものなのです。人の鼓動や息づかいで宝石が、揺れるそうです。以下、公式の動画です。

痛くない注射針

蚊の針の先端には極小のギザギザがあり、それが痛みを小さくしていることがわかりました。ギザギザした形は痛そうに見えますが、蚊の針についているギザギザは逆に痛みを小さくできるそうです。不思議なことに、痛くないギザギザの形は決まっていたので、蚊とそっくりのギザギザを針につけることにしました。そしてもうひとつ、針の素材として植物性の樹脂を採用しました。金属よりソフトな樹脂なので痛みが小さくなり、しかも使い捨てなので、清潔で安全に使用できます。

RE.UNIQLO

「ユニクロ」は、店舗で回収した服を再利用して、世界中の難民キャンプや被災地への緊急災害支援など、世界中の服を必要としている人たちに届けています。その他にも、服を燃料や防音材に加工したり、服の中のダウン・フェザーを再利用しています。捨てていた服を、そうして世界中の人の為に活用しているのです。

ユニクロ
JAXA

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の土井隆雄さんが、ブーメラン世界チャンピオンの栂井(とがい)靖弘さん=大阪府大阪狭山市=から贈られたブーメランをISS内で投げる非公式の実験をした。ISS内には地上なみの大気圧があるが、無重力状態だ。日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)に入った連絡によると、土井さんが縦に投げたブーメランはちゃんと元に戻ってきたという。

引用文献
  1. BuzzFeed
  2. キッズ・ウェブ・ジャパン
  3. 朝日新聞

アイデアパークのアトラクション



他のパーク



↑ ページのトップへ戻る ↑

シェアボタン


Tweet Facebook LINE

免責事項・著作権表示


情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.