SUZ45
トップ > インターネット・テーマパーク > バラエティパーク

インターネット・テーマパーク(バラエティパーク)


アトラクション(バラエティパーク)


ホームページの翻訳(Web page translation)

特に、外国から来て、日本語に不慣れな方向けに、日本語のウェブサイト(日本では、「ホームページ」と呼ぶことが多いです)を、他の言語に翻訳する方法を説明します。詳細は、「Chromeの翻訳」をご覧ください。

パソコンのChrome

  1. Chromeを開きます。インストールは、「Chrome」から。
  2. 翻訳したいホームページを開きます。
  3. 右上の「翻訳マーク:翻訳マーク」を押します。

翻訳されない場合には、ホームページを更新して見てください。もしくは、ページ上で、右クリックして、「日本語に翻訳」をクリックします。

Android

  1. スマホやタブレットで、Chromeアプリを開きます。
  2. 翻訳したいホームページを開きます。
  3. 画面下部に、言語の選択画面が出るので、言語を選びましょう。画面右の「3つの点」のマークを押すと、「その他の言語」でも、見ることができます。

翻訳されない場合には、ホームページを更新して見てください。更新しても [翻訳] をタップできない場合は、その言語が、対象外の可能性が高いです。

iPhoneとiPad

  1. iPhoneとiPadで、Chromeアプリを開きます。
  2. 翻訳したいホームページを開きます。
  3. 下で、言語の選択画面が出るので、言語を選びましょう。デフォルトの言語を変更するには、「歯車」のマークを押すと、「その他の言語」でも、見ることができます。

ひらひらのひらがなめがね

唐突ですが、子供も、インターネットのホームページ(正しくは、「ウェブサイト」と呼びます)を見たいと思います。そして、検索方法などを教えても、そのコンテンツは、「漢字ばかりで、分からない!」と言う状態になると思います。

そこで、「ひらひらのひらがなめがね」と言うサイトが役に立ちます。ここにホームページのアドレスを入れて「GO」を押すと、そのホームページにふりがなが付くのです! 時々、変なところも散見されますが、概ね合っています。ちなみに、「https://」で始まるホームページも、そのまま全部コピペすれば、大丈夫です。

他にも、「フリがなツール」では、漢字の文章を入力すると、ひらがなにしたり、ふりがなを振ってくれます。


SNSの危険性

2020年、東京都の調査により、子供のSNSの使用状況が分かりました。

このように、SNSには、危険がいっぱいです。だからと言って、「やるな」とは、言えないのも実情だと思います。そこで、その危険性をしっかりと教えるべきでしょう。そして、スマホの「フィルタリングサービス」を利用しましょう! 学齢別(小学生・中学生・高校生・高校生プラス)の設定もできるそうです。以下、ドコモのフィルタリングサービスの動画です。

機種などによっても、設定方法がまちまちなので、携帯ショップに行くことをお勧めします。法律でも、決まっているようです。その上で、SNSの楽しさを伝えてあげられたら、良いのだと思います。その際には、「初心者のためのスマホの使い方」が、参考になるでしょう。


テーマパーク情報

主要テーマパーク

一応、普通のテーマパークの情報も載せておきます。特に、予約の必要、チケットの購入方法、営業時間の変更、イベントの有無など、事前に確認しておくと良いでしょう。

その他のテーマパーク情報


他のパーク



↑ ページのトップへ戻る ↑

シェアボタン


Tweet Facebook LINE

免責事項・著作権表示


情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.